2017年07月11日

殺し屋映画「レジェンド・オブ・メキシコ」「アサシン」

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード [Blu-ray] -
レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード [Blu-ray] - アサシン LBX-066 [DVD] -
アサシン LBX-066 [DVD] -
午後のロードショーでやってた殺し屋映画2本連続見る。
まずはマリアッチ3部作の3作目「レジェンド・オブ・メキシコ」(2003)
2作目の「デスペラード」が良すぎるので比べたら落ちるけど、それでもデスペラードのかっこいい部分は随所に残されてるしバンデラスがかっこいいので十分楽しめる映画。
これ見たらギター弾いてみたくなる。マリアッチになりくなる。長髪にしたくなる。

もう1作「アサシン」は・・・つまらなかった。
ただ、準主役のドルフ・ラングレンの見た目がかっこよかったとこだけ見所。もちろん見た目だけでアクションは普通。


練習はあまり出来てないけど再来週のグラップリングの試合、出ようかなと検討中。
posted by ぺん獣 at 12:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車田正美自伝マンガ「藍の時代」

藍の時代 一期一会 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) -
藍の時代 一期一会 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) -
元祖熱血漫画家・車田正美先生の自伝マンガ「藍の時代」
どこまでがフィクションなのかはよくわからない内容だけど、そんなことはいい。車田節をたんのうするだけ。
大人の都合があったのかはしれないけどデビューした雑誌がジャンプからチャンピオンになってた点だけは残念。
昭和の漫画好き、ジャンプ好きの人間の多くが通ってきたであろう車田漫画。もちろん自分も「リングにかけろ」のドハマりした口。そのあとも「風魔の小次郎」「男坂」「雷鳴のザジ」等読んでたな。
中1くらいの時「聖闘士星矢」になって初めて車田作品を読まなくなったのを覚えてる。なんか違う、と思った。
絵が変わったとか言われてるけど今でも漫画を描き続けてるのはすごい。

昨日の夜はネクサセンス立川道場へ出稽古。柔術入門、一般クラスの2コマに連続参加してフラフラに。
結局練習したのも1週間ぶり。なかなか時間が取れん・・・
posted by ぺん獣 at 10:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする