2018年07月19日

つかこうへい映画「青春かけおち篇」「この愛の物語」

あの頃映画 「青春かけおち篇」 [DVD]
あの頃映画 「青春かけおち篇」 [DVD]この愛の物語
この愛の物語


最近ケーブルテレビでつかこうへい特集してていくつか見た。
「青春かけおち篇」(1987)
見るのは初めてだけど面白かった。劇場芝居チックな演出のコメディ。つかこうへいの面白い脚本を達者な俳優たちにやらせたらやっぱり、いい。ちょっと笑えた。
反対にまったくおもんなかったのが「この愛の物語」(1987)
話、俳優ともにきつかった・・・
ただ、中村雅俊、マッチ、藤谷美和子らが若くて懐かしかった、それだけ。

LUCY/ルーシー [DVD]
LUCY/ルーシー [DVD]

リュック・ベッソン監督のフランス映画「LUCY/ルーシー」(2014)
予告が面白そうだったから見たんだけど見事に予告倒れな映画だったという。。。

脳を100パーセント覚醒させたらどうなるかって話。
それって北斗神拳やん!
この映画ではケンシロウ以上にすごいことになっていってた。

スカーレット・ヨハンソンの胸がゆさゆさしてたとこだけは最高、な映画。
posted by ぺん獣 at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

みんな大好き「Quintet ・2」かんそー

昨日行われた多くの格闘ファン、組み技ファン注目の格闘技イベント「Quintet ・2」

もちろん生放送をサブミットで流し、好き者たちで観戦。
前半の見所はやっぱりハイサム無双でしょ。見たものみんなに強すぎ!と思わせたという。桜庭の試合とか見たかったよ、と思った人もいるかと。
そしてよく知らないメンバーばかりで大丈夫なん?と若干の不安を感じてたエディ・ブラボーと石井のチームも意外に強くていい試合になったり。

それでも過去2回に比べたらちょっと盛り上がりに欠ける感は否めなかった。
決勝の桜庭チームの順番でハイサムが中堅だったのを知ってさらに微妙に盛り下がる。「えっ、なんでハイサム大将じゃないん?また全部抜いてしまってあっさり優勝決まってまうやん」と。

けど試合って何が起こるかわからんなーとあらためて感じた。
まさか一番軽い選手が無双巨人を極めるなんて・・・・本人すらびっくりしたんじゃないかな?とおもうほど。これで一気に盛り上がりだす。
で、所英男が頑張ったり、膝を痛めてる人間が勝ったり面白くなったという。

結果、今回も面白かったのでした。次も早く見たいし。

あとひとつ言うとすれば、桜庭の活躍するとこが見たい!そこにつきるかと。
現実的には厳しいのかもしれないけどまだまだ頑張れるってとこを見せてくれるんじゃないかって期待せずにはいられない。
posted by ぺん獣 at 13:07| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

道着版クインテット参加

今日は浜町であった七帝ルールの柔道の試合に出てきました。
5対5の抜き試合。
まさに道着版クインテット。

こういうのは先鋒でさっさと出るに限る。
1試合目はパスして抑え込みで1本。続く2試合目、腕返しやったけどイマイチうまくいかず。あとは時間いっぱいやって引き分けー。亀をひっくり返して、寝た体制の亀になられての繰り返し。亀を返すと同時に抑えられるようにならんとだめだけどそれがずっとできないので、亀に戻るのが早い相手だときびしい・・・

たいして動き回った試合じゃないけどものすご疲れた。腕パンパン。試合は大将引き分け→代表戦も引き分け→引き分けに。

さらにメンバーチェンジして2巡目。
今度は中堅で。
なんだかんだもちゃもちゃしてるうちに縦四方で抑えられた。
もう終わったかなと思ったけどあがいてたら脱出成功。28秒。そこからまだ1分あったけど反撃する体力は残っていなかった・・・引き分け。

いやー試合ってほんま疲れるな。
そして試合後10本ほど寝技乱取り。

久々に・・・・ヘトヘトになった。
家帰るのが嫌になるくらいに。

けどいい勉強、いい経験になりました。たまには出とかんとあかんな。

そして明日はクインテット!
posted by ぺん獣 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする