2020年02月06日

「マジシャン完全版」「千里眼 マジシャンの少女」

マジシャン 最終版 (角川文庫) - 松岡 圭祐
マジシャン 最終版 (角川文庫) - 松岡 圭祐クラシックシリーズ6 千里眼 マジシャンの少女 完全版 (角川文庫) - 松岡 圭祐
クラシックシリーズ6 千里眼 マジシャンの少女 完全版 (角川文庫) - 松岡 圭祐

マジックが題材の小説と知って読んだ「マジシャン完全版」「千里眼 マジシャンの少女」

結構マジックのネタに触れてたりしてたのがへーって思った。完全ネタバレだけどマジックやってない人が読んでもさほどピンと来ないんだろうなー。
めちゃくちゃ面白いってほどじゃなかったけど、読みやすいので分厚くてもそんなに時間かからず読めた。以前は一作読んだらその作者のほかの作品も読むスタイルだったけどそれをやるとキリがないのでやめた。興味ありそ〜なやつだけに絞ることに。

催眠ものが2冊くらいあるみたいなんでそれだけにしとく。チェックしたらかなり多作だったので気に入りすぎなくてよかった。

しかし小説でも漫画でも他作な人って単純にすごいなって思う。
posted by ぺん獣 at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ズシリと重い、重すぎるロシア映画「ラブレス」(2017)

ラブレス [DVD] - マルヤーナ・スピヴァク, アンドレイ・ズビャギンツェフ, アンドレイ・ズビャギンツェフ, オレグ・ネギン, ミハイル・クリチマン, エフゲニー・ガリペリン, マルヤーナ・スピヴァク, アレクセイ・ロズィン, マトヴェイ・ノヴィコフ, マリーナ・ヴァシリイェーヴァ, アンドリス・ケイシス
ラブレス [DVD] - マルヤーナ・スピヴァク, アンドレイ・ズビャギンツェフ, アンドレイ・ズビャギンツェフ, オレグ・ネギン, ミハイル・クリチマン, エフゲニー・ガリペリン, マルヤーナ・スピヴァク, アレクセイ・ロズィン, マトヴェイ・ノヴィコフ, マリーナ・ヴァシリイェーヴァ, アンドリス・ケイシス

めっちゃ重いロシア映画「ラブレス」(2017)、見てしまったー。

話は超シンプル。
離婚が決定し、すでにそれぞれ新しいパートナーがいる夫婦が主人公。12歳の息子をどっちが引き取るかで罵り合う二人(どっちも引き取りたくない)とそれを聞いてショックな息子。
その息子がある日いなくなって、捜索するってストーリー。

夫婦のいがみあいが超リアル、ロシアの寒々しい風景とあいまってどんどん息苦しくなってくる。目の覚める展開やアクションもなく、たんたんと捜索は続く。眠くなりそうな感じだけど、なぜか目が離せない。
息子は既に死んでるのか、生きてるのかもわからない。

この夫婦も自分のことしか考えてないような感じだけど、それってほとんどの人に当てはまることなんじゃないの?って思うから単純に「夫婦、最悪!」とはならない。

ラストもめちゃくちゃモヤモヤした終わり方。

映画自体は重いので楽しくないけど、見た人同士でそれぞれ感想を言い合うのが楽しい、そんな映画。



沈黙のジェラシー [DVD] - グウィネス・パルトロウ, ジェシカ・ラング, ジョナサン・シェック, ジョナサン・ダービー, ジェシカ・ラング
沈黙のジェラシー [DVD] - グウィネス・パルトロウ, ジェシカ・ラング, ジョナサン・シェック, ジョナサン・ダービー, ジェシカ・ラング

深夜映画でやってた「沈黙のジェラシー」(1998)見た。
多分自分と同じようにセガールの沈黙シリーズと間違って録画した人も少なくないかと。セガール映画と全く関係なかった。なんでこんな紛らわしいタイトル付けるのか不思議。わざとしか思えない。。。
嫁姑の戦い、というかサイコな姑の話。
ジェシカ・ラングが怖いお母さんを演じてる。ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」に出てる怖いおばさん(この時は多少若かった)。
この人がだんだんその正体を現してきて最後はどうなるん?と思いきやどうもならないという超肩透かしな終わり方・・・・
息子夫婦はこんな母親とはやってられん!と出て行って終わった・・・・・ズコー。



300〈スリーハンドレッド〉 [DVD] - ジェラルド・バトラー, レナ・へディー, デイビッド・ウェナム, ドミニク・ウェスト, ビンセント・リーガン, マイケル・ファスベンダー, アンドルー・プレビン, ザック・スナイダー
300〈スリーハンドレッド〉 [DVD] - ジェラルド・バトラー, レナ・へディー, デイビッド・ウェナム, ドミニク・ウェスト, ビンセント・リーガン, マイケル・ファスベンダー, アンドルー・プレビン, ザック・スナイダー

前にDVDも買って何度も見返してるのに午後ローでやったらつい録画して見てしまうのが筋肉映画「300〈スリーハンドレッド〉」(2007)

話というかその映像がとにかくかっこいい。
出てる人らみんなムキムキ!

これを見ると筋トレしたいと思わずにはいられないって映画。
結局しないけど。


posted by ぺん獣 at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする