2015年04月26日

整形

今まで知ってる範囲で、明らかに整形したって人に会ったことなかった(もしくは気づかなかった)
そして昨日初めて会った。
「顔と目をいじった」というその顔は知ってる顔じゃなかった。もちろんまったく違うわけじゃないけど。
一瞬、なんて言っていいかわからなかった。
そんなに気を使わず冗談を言えるくらいの相手なのに。頭の中で、「なんか違う」とか「前のがよかった」とか言ったらだめなんじゃないかなとグルグル逡巡して「それってなんぼかかったん?」となんとか言うのがせいいっぱいだった。
声やしゃべり方は前と同じなのに顔が違うこの違和感は今思い出しても消えない・・・・

あとで他の人に聞いたら、本人は今の顔を結構気にいってるそうなんでいらんこと言わんでよかったなと。
でも少しづついじり続けてるとも・・・・

整形を肯定も否定もしないけどどうせするなら、もっといい感じにすればと思うのは余計なお世話だし好みの問題になってくる・・・のかな?

整形で思い出した作品ーどれも怖かった。
ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] -
ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] - ヘルタースケルター (Feelコミックス) -
ヘルタースケルター (Feelコミックス) - モンスター (幻冬舎文庫) -
モンスター (幻冬舎文庫) - 嘘つき王国の豚姫 -
嘘つき王国の豚姫 -
posted by ぺん獣 at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック