2015年09月22日

最強実戦剣術漫画「剣術抄」とみ新蔵

この前受けた市の健康診断の結果とともに、メタボ&メタボ予備軍のための集まりのチラシが送られてきた・・・もちろんすべて無料、ありがたいことです。
柔術の練習をちょこっとやる程度ではメタボ防止にはならんもんか・・・(マグロ柔術というスタイルの問題かもしれんけど)
剣術抄 1 (SPコミックス) -
剣術抄 1 (SPコミックス) - 剣術抄 2 (SPコミックス) -
剣術抄 2 (SPコミックス) -
時代劇漫画家・平田弘史先生の実弟でもあり、自らも漫画家のとみ新蔵先生が漫画だけでなく剣のうでもかなりのものだという話を聞いたことがあった。
漫画「剣術抄」全2巻はそんなとみ先生が自らの剣術テクニックをもとに描いた、剣での異種格闘技漫画。日本の剣術家が時代を超えてフェンシングやローマ剣闘士とも戦う!三国志最強の男・呂布奉先や座頭市まで登場するしてくるぶっとんだ話。
荒唐無稽具合ととみ先生のリアルな剣術技術がブレンドをぜひ味わってもらいたい。

さらにすごいのはあとがきにも書いてるけど誰でも立ち会うので一緒に練習しましょうと自ら言ってるところ。実際のレベルがどんなものかはわからないけどこう書くということは相応の鍛錬に裏打ちされた実力と自信をもってるということだと思う。しかも手裏剣や鎖鎌とかでも構わないって・・・・
柔術や空手の練習をしようというのとはわけが違うかと。漫画よりとみ新蔵先生自身の方がすごい気がする。
自らのブログに練習風景なんかもアップしてたけどそこにもまたどすごいこと書いてた・・・・必見・必読!!!
例えば・・・
「今日、7月20日をもって、残念ですが、
私を越えてくれる実戦剣術者は、もはや、当節、当時代では、出ないではないのか、
と、あきらめに似た思いがある。

我と思わん人は遠慮なく稽古試合、大歓迎です。」
カッコよすぎる!ロマン溢れまくってる!!
こんなのハッタリやん、とは単純に思えない、思いたくない。こういう実戦剣法者たちの本当の強さがわかるのは「マッドマックス」の世界になってから。
そう考えると世紀末が楽しみに!
http://hiratomi.exblog.jp/


ラベル:とみ新蔵
posted by ぺん獣 at 13:13| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてこんにちは。友人から、ペン獣氏を知りまして、宣伝に感謝です。私儀、様々な剣士と立ち合い稽古もしつつ、天下無双の剣術へと研鑽・求道して来ましたが、やっと去年、4百年前以上の五輪書の内容を全て理解出来ました。「斬り覚え」は不可能でも、武蔵の術技の後継者たりを自負しております。一度お会いできれば幸甚で御座います。
西東京市在 とみ禅士
hiratomi_mdkアットnexyzbb.ne.jp
Posted by とみ新蔵 at 2017年02月15日 08:53
とみ先生、はじめまして。
コメントありがとうございます。大変恐縮しております。
ぼくは柔道や柔術等組み技系が好きで剣のほうは全く知りませんがものすごく興味があります。
ぜひ一度先生の稽古会を見学させていただきたいです。
HPの方にメールを送らせていただきます。
よろしくお願いします。

やざま優作
Posted by やざま優作 at 2017年02月15日 09:54
意外に思われるでしょうが、剣術と柔術は、同じ体捌きなのですね。いわば、柔術の出来ない人は剣術者ではない。わけですネ。歴史的にも柔術は、剣術から出ているからですネ。
どうぞ、御都合の良き日にお出掛けくださいまし。西東京市住人。
hiratomi_mdkアットnexyzbb.ne.jp
Posted by とみ新蔵 at 2017年02月18日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック