2016年09月28日

プロレス小説「太陽がいっぱい」

太陽がいっぱい -
太陽がいっぱい -
樋口毅宏の引退小説「太陽がいっぱい」読んだ。

猪木、前田、高田、佐山、馬場等実在のプロレスラーの名前をちょっと変えて、それぞれの物語を描いた小説。
前半はプロレスがちょっと好きな人たちなら知ってるようなエピソードが多かったけど、後半は創作か実話かよくわからなくなってきて樋口毅宏節のエログロ演出が混じり始めた。けど今までの樋口作品のようなえげつなさをちょっと遠慮した感じだったのでどうせなら最初からムッチャクチャな方向性で行って欲しかったかも。
この小説で引退と言ってるのは何度も復帰するプロレスラーの引退を真似ているのだと思う。
しかし、モデルにされた人が読んだら怒るような書き方もちらほらあったな・・・・
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 7 -
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 7 -
ストリート・ファイターズ [DVD] -
ストリート・ファイターズ [DVD] -
あまり知られてないけど結構すごいアクション俳優スコット・アドキンス主演の「ストリート・ファイターズ 」
アドキンス作品ってまあまあいいの多いけどこれはアクションも話もちょっときつかった・・・・アドキンス好きな人でもちょっときついと思う・・・
posted by ぺん獣 at 09:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442317472

この記事へのトラックバック