2017年01月09日

感動演歌漫画「男の操」業田良家

本日初昼柔術。
袈裟固めで抑えるのも返すのも好きでよく使うのだけど、時々全然返せない人がいる。
今日も林さんに袈裟固めされて全く返せないどころか袈裟だけでタップしそうなくらい苦しかった。
もちろん実力差もあるけどなんかポイントがあると思ってスパー後に質問。
すると一応やってはいたけどそこまで意識してなかったポイントを教えてもらった。今日はこれだけでも行った甲斐があったな。袈裟固め、まだまだ奥深い。

男の操 (ビッグコミックススペシャル) -
男の操 (ビッグコミックススペシャル) -
ショートギャグを積み重ねて最後は感動に導くのがうまい業田良家の「男の操」読む。
「自虐の詩」の時もそうだったけど最初はまりピンとこないけど読み進めるうちにはまっていき、最後はきっちり泣かされるという。
読んで良かった。
そしてその漫画を帰りの西武線車内に置き忘れてしまう。
ボケてるな〜

ボケてると言えば、スクーターのスタンドを出してもエンジンが切れない様にしてもらったけどこれはいい。これでキー挿しっぱなしにすることもなくなると思う。
posted by ぺん獣 at 19:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445747302

この記事へのトラックバック