2017年09月08日

ついに、ついに購入「インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜」(2006)

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫) -
ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫) - インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ [DVD] -
インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ [DVD] -
まずは小説「ぼっけえ、きょうてえ」は岩井志麻子がホラー大賞を取った最高に怖い短編。何度か読んだけど岡山弁の話し言葉がめちゃくちゃ恐ろしく聞こえるほんとに怖い作品。
その原作を三池崇史監督がアメリカのケーブルTVで実写化したのが「インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜」
ツタヤとかでおいてるの見たことなく、結構前にネットであったイタリア語版のみたことあるけど相当強烈だった。
で今回ついにDVD購入して日本語字幕版で改めて見直した・・・・こえええええ!
いや、怖いっていうよりすごいインパクトやな。
三池作品っていっぱいあってまあまあ見てるほうだけどベスト3に入ると思う。(ちなみにほかの2作は「岸和田少年愚連隊」と「喧嘩の花道」かな)
原作もすごいけど映画版も負けずにすごいわ。唯一おしいのがアメリカで作られたから英語で話してるとこ。絶対、絶対に岡山弁の方が怖いと思うのでせめて吹替版も作って欲しかった。
これ店で流そうかなと思って買ったけどちょっとやばいな。人を選ぶというか、受け付けない人も多いかもしれない。
だからその時店にいる人全員が血迷って「見たい」となった時には流すことに。1時間くらいだから時間もほどいいし。ただ、後悔したりトラウマになっても責任は持てない。
それほどにやばい映画。

posted by ぺん獣 at 17:32| 東京 ☀| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
手に入れたかぁ‥
イタリア語版って、あれのこと?
Posted by かおす at 2017年09月09日 04:02
あれです。ありがとうございました。
Posted by やざま at 2017年09月09日 07:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: