2018年05月14日

18.5.13仁木先生講習会IN鈴木道場

もう何回目になるのか、昨日は鈴木道場にての仁木征輝先生の講習会でした。
いつになく10名以上あつまり色々教えてもらいました。質問形式になることが多いのでこういう時は聞いたもん勝ち、立ち技寝技問わずなんでも教われるのがすばらしい。質問がなくても自分の使ってる技を見てもらって矯正してもらうのもありという。
自分も腕返し見てもらって正しい腕の持ち方・流し方を知った。普段そうそう教わる機会がないので得意とする技のそういう細かいポイントを直してもらうって結構大きかったりすると思う。聞かな損なくらい。

講習自体とは直接関係ないけど腰絞めの受けをやってるときに落ちる寸前までいってしまった。しかも取りが先生じゃなく、有村だった。有村の絞めなんか効かないだろうから入ってなくても適当にタップしようと思ってたら気が遠くなってきた。無為意識にタップしたけどあと数秒で落ちてたと思う。離されてもまだ少しフラフラしてたし。
強烈に痛かったり苦しかったりした場合タップするけどこれは大丈夫かなというくらいの絞めだとこうなってしまうんか、といまさら勉強になったよ。長くやっててもこういう風になったん初めてかも。
技はきっちりきまればちゃんと効くんだな。

特に終わる時間が決まってなかったから珍しく先生の意向で最後に立ちからの乱取りもやった。清水さんと1スパー全力投球のアストロ球団形式でやったら終わってからもどしそうになるくらいになった。しかもあとから先生に何回も「力を入れすぎとる」と指摘される。
力をムリムリ出してくる人相手にうまく力抜くって難しい・・・・

終了後は小川サブミット店にて飯食いながら柔道談義4時間ほど。
二宮さんあたりが質問しまくりで先生もしまいには実演を交えながらのぷちセミナーになったりする。店が暇で、いや店が広めでよかった。なんなら道着も常備しといてよかった。
前回と違ってS総裁が不在のため技術的な話がよく聞けた気がします。。。




posted by ぺん獣 at 12:03| 東京 🌁| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: