2018年06月12日

駿河城御前試合

駿河城御前試合 (徳間文庫)
駿河城御前試合 (徳間文庫)

劇画「駿河城御前試合」読み返す。

もとの原作は南條範夫先生の小説。
かなり昔に平田先生・とみ先生兄弟がそれぞれ「駿河城御前試合」「無明逆流れ」と漫画化しており、さらに「シグルイ」としてさらにリメイクされて有名になった。そしてさらに森秀樹先生が「腕 -駿河城御前試合-」として再々リメイク。同じ原作をこんな感じで複数漫画化されてる珍しいパターンかと。

ただでさえ原作が面白いのにその上に時代漫画の達人漫画家たちが腕を振るって描いてるのでどれも最高レベルの出来栄えになってるという。

歴史モノが苦手とか言ってないでただ、読めばいい。

もちろん全部もってるけどきょうたまたまブックオフで森秀樹版のを見かけて即購入&堪能。
続けて全巻読み返したい!
駿河城御前試合
駿河城御前試合腕~駿河城御前試合~ コミック 1-4巻セット (SPコミックス)
腕~駿河城御前試合~ コミック 1-4巻セット (SPコミックス)〜駿河城御前試合第一試合〜 無明逆流れ  とみ新蔵作品第2集
〜駿河城御前試合第一試合〜 無明逆流れ  とみ新蔵作品第2集
posted by ぺん獣 at 19:37| 東京 ☁| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: