2018年07月04日

ジョージ・オーウェル「動物農場」

動物農場 (角川文庫)
動物農場 (角川文庫)
ジョージ・オーウェルの小説「動物農場」、初めて読んだ。
動物たちが農場主を追い出して理想的な共和国を築こうとするが、指導者の豚が独裁者と化し、恐怖政治へ変貌していく過程を描いた話。

今となってはどこかで見た話だけど1945年に書いてるとこがすごい。

アニメもあるみたいなんでぜひ見てみたい。
鰻の男 [DVD]
鰻の男 [DVD]
キム・ギドク映画だと思って見た「鰻の男」(2015)
なんか違うなーと見終わってからチェックしたら監督は別の人で、キム・ギドクは製作総指揮だった。

主人公の鰻屋の兄ちゃんが、かっこいい上に喧嘩も女にも強いという設定にまずぴんとこなかったです。
posted by ぺん獣 at 20:32| 東京 ☔| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: