2018年08月30日

「新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編」

新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編 (FUTABA NOVELS)
新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編 (FUTABA NOVELS)
忘れた頃に、いつの間にかひっそり出てる夢枕獏のシリーズ最新作「新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編」読む。一気に読みきった。なぜなら、面白くて読み進めずにはいられないから。そんな本あまりない。

この巻のあとがきでもまた物語は終わりに近づいてる、みたいなこと書いてたけどさらに新たなキャラも出てきたし。
もうこうなったら終わらさなくていいと思う。死ぬまで書き続けて、作者が死んで終わりでいいんじゃないかな。

「獅子の門」最強キャラ・久我十明と文七の邂逅や、姫川父と磯村露風のおやじバトルとか普通に面白い。

もやもやするのはこの続きが読めるのがまた数年後ってこと・・・・
獏先生、はよ書いて!

posted by ぺん獣 at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: