2018年09月23日

すずきどうじょうれんしゅー

今日はもともと用事あって練習休みにしてたけど、昨日の夜に用事ないことになったので急遽練習することに決定。深夜何人かに連絡してみた。こんな急なオファーでも一人くらいはくる人間っているもの。ありがたい。
でもって二人して練習した。
ミットやって、軽い打撃マス。ミット打つ時に軽く打てず、いつもフルパワーフルスイング気味になってしまう。バチンって感触を求めてつい強く打ってしまうけどホントは多少軽めでもきれいに打って、当たる瞬間力入れたりするのがいいような気がする。それが難しい。

後半は組み技。清水さんが大学レスリング部で練習してきたのでちょこっと教えてもらった。違う競技だからこそ勉強になる部分があるし、単純に知らない技習うって楽しい。グレコローマンレスリングなんて全然知らないし。

柔道世界大会中なんで、最後は道着を着ての立ち技打ち込みと乱取り。
久々に、ほんとに超久々に袖釣り込の打ち込みとかやってみた。この技って両袖持たれてるから形入られたら防御が難しいよなー。けどいざ乱取りとなると入らないんだな。
世界大会見てたら片腕で投げてたけど信じられん・・・・
二人練って休みがないから同じ2時間やるにしても疲れ方が微妙に違ってくる。
正直、かなり疲れた。
腕もなんかプルプルする。
いい練習になったってことで。

秘密の本棚―漫画と、漫画の周辺
秘密の本棚―漫画と、漫画の周辺
漫画家にして漫画読みのプロ・いしかわじゅんが漫画について語った「秘密の本棚―漫画と、漫画の周辺」読む。
いしかわ作品はちゃんと読んだことないけど、漫画評論に関しては結構面白いこと言うイメージがある。

基本自分が読んで面白かった漫画について語ってるんだけど、興味なかった漫画も読みたくなってくる筆力があって一気に読み終えた。
特に最後の杉浦茂先生の話はシビれた!ビンビン来た!!
そこだけ読んでも価値がある。
夢の本棚のあるインテリア (エクスナレッジムック)
夢の本棚のあるインテリア (エクスナレッジムック)
いろんな書斎や、本棚のある部屋を紹介した本「夢の本棚のあるインテリア」

さすがにかっこいいのばっかり載ってる。
どれもこんな部屋住みたい、とおもわせるのばかり。

本や雑誌はできれば綺麗な状態で保存しておきたいなと思うので、本棚は戸がついてるほうがいい。もちろん中が見れるようにガラス戸。
けどガラス戸が付いてる棚は当然ないのより高いし、大きめなのが多くて実際はない棚に積んでる。

どんどん溜まっていくばかりなのでもうあまり買わないようにしてるつもりだけどそうもいかず、本や漫画の置き場所に困り続ける人生。
posted by ぺん獣 at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: