2018年10月29日

倉本ドラマ「昨日、悲別で」(1984-)がよかった話

昨日、悲別で
昨日、悲別で

ドラマとか、だいたい2000年すぎくらい以降のは見れないのが多い。見たとしてもあまり「続き見たい」ってならない。
なのに昭和のドラマは今見ても結構見たくなるのが多かったりする。
最近はケーブルテレビとかで古いのよくやってくれるからつい見てしまう。

この間見てたのが倉本聰脚本の「昨日、悲別で」ってやつ。全13話、見終わった。

見るのどころか存在すら知らなかったドラマ。架空の北海道の街、悲別から東京に出てきた若者の青春群像的ドラマ。主演の天宮良が若すぎてわからなかった。
こういうの見てグッとくる自分ってわれながらザ・昭和だなーと思ったり。

主題歌の「22才の別れ」もまた、いい。
posted by ぺん獣 at 18:19| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: