2017年02月11日

読者ハ読ムナ(笑): いかにして藤田和日郎の新人アシスタントは漫画家になったか

読者ハ読ムナ(笑) 〜いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか〜 -
読者ハ読ムナ(笑) 〜いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか〜 -

漫画家入門はいっぱい出てて結構読んでる方だけどこの「読者ハ読ムナ(笑) 〜いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか〜」はその中でも特に良かった。
絵のことはそんなに書いていなくて、どうネームに向き合っていくかを重点的に書いた超実戦的な本。

藤田プロに入りたい20年前に読みたかった!と思わせる1冊。

ちなみに1番読み返してる入門本はこれ
マンガの描き方―似顔絵から長編まで (知恵の森文庫) -
マンガの描き方―似顔絵から長編まで (知恵の森文庫) - 手塚治虫のマンガの描き方 -
手塚治虫のマンガの描き方 -

最近買ったマンガ
マンガ家再入門(1) (ワイドKC モーニング) -
マンガ家再入門(1) (ワイドKC モーニング) -

posted by ぺん獣 at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

感動演歌漫画「男の操」業田良家

本日初昼柔術。
袈裟固めで抑えるのも返すのも好きでよく使うのだけど、時々全然返せない人がいる。
今日も林さんに袈裟固めされて全く返せないどころか袈裟だけでタップしそうなくらい苦しかった。
もちろん実力差もあるけどなんかポイントがあると思ってスパー後に質問。
すると一応やってはいたけどそこまで意識してなかったポイントを教えてもらった。今日はこれだけでも行った甲斐があったな。袈裟固め、まだまだ奥深い。

男の操 (ビッグコミックススペシャル) -
男の操 (ビッグコミックススペシャル) -
ショートギャグを積み重ねて最後は感動に導くのがうまい業田良家の「男の操」読む。
「自虐の詩」の時もそうだったけど最初はまりピンとこないけど読み進めるうちにはまっていき、最後はきっちり泣かされるという。
読んで良かった。
そしてその漫画を帰りの西武線車内に置き忘れてしまう。
ボケてるな〜

ボケてると言えば、スクーターのスタンドを出してもエンジンが切れない様にしてもらったけどこれはいい。これでキー挿しっぱなしにすることもなくなると思う。
posted by ぺん獣 at 19:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

バイクバッテリー/「なぎさにて」1巻

年明け早々またバイクにキーを刺したまま飯食いに行ってバッテリー上がる・・・・

ちょっと前までは自分のうっかり加減にむかついてたけど、あまりにも同じミスを繰り返し続ける自分が怖くなってきたよ。どっか悪いんかな、と。
ここ半年くらいで10回近くキーをさしっぱなしにしてしまうなんて普通ありえないと思うから。
でまたバイクを押していって馴染みのバイク屋へ。
もう頼むのもいい加減恥ずかしい。
バイク屋さんが言うにはバイクのスタンドがを下ろした時に自動でエンジンが切れる回路を切ったほうがいいんじゃないかと。
少なくともバッテリーが上がることはなくなるはず。
そんなことできるんだったらぜひ、ということでバッテリー交換とともにお願いしといた。
なぎさにて 1 (ビッグコミックス) -
なぎさにて 1 (ビッグコミックス) - 渚にて 人類最後の日 (創元SF文庫) -
渚にて 人類最後の日 (創元SF文庫) - 渚にて [DVD] -
渚にて [DVD] -
世界が終わる(かも)とういう設定の漫画「なぎさにて」1巻購入。
考えさせられる漫画だった。
多分原発や原発事故のことを表してるんだと思うけどリアルで怖い。
必読漫画。
タイトルは同じく世界の週末を描いた「渚にて」という小説からとってるのかな。ちょっと前に読んだけどこれも怖かった。映画版はまだ未見だった、見たいな。
posted by ぺん獣 at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする