2017年01月09日

44th YUYA UCHIDA PRESENTS NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL

毎年恒例!
内田裕也プロデュース「ニューイヤーロックフェスティバル」テレビで見る。
今回で44回目。
もともとロック自体に詳しくないけど4カ国で開催とかなってきてからさらに知らないバンドばかりになってきて早送り度が多くなってきてます。
3時間番組を正味20分くらいで見終わる。
知ってるメンバーがどんどん亡くなっていくし・・・
一応わかるのは白竜、原田けんた、BOROとか・・・・
posted by ぺん獣 at 20:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

竹原ピストル×古舘伊知郎/「廃炉への道2016 核燃料デブリ 迫られる決断」

古舘伊知郎の番組にゲストで竹原ピストルが出てる回がよかった。
泣ける。

↓これは玉置浩二に出てた時の

超能力(メンタル)マジックの世界 (松田道弘あそびの冒険) -
超能力(メンタル)マジックの世界 (松田道弘あそびの冒険) - カードマジック・ザ・ウェイ・オブ・シンキング -
カードマジック・ザ・ウェイ・オブ・シンキング -
マジシャンでもある松田道弘さんの著作「カードマジック・ザ・ウェイ・オブ・シンキング」「超能力(メンタル)マジックの世界」読む。
松田さんの本はいっぱい読んでるけどただマジックのテクニックを書いているだけでなく、そのテクニックがどう生まれたかとかまで詳しく書かれてるので読み物としても面白いとこがすばらしい。
マジックの世界知れば知るほど格闘技(特に組み技)と共通してるなと思わされる。柔術好きの人だったら絶対ハマると思う。ただ、深すぎる部分も同じなのでほどほどにしないとキリがなくなってくる。

ドキュメント「廃炉への道2016 核燃料デブリ 迫られる決断」
とにかく莫大な費用がかかるので大変、という話。1個2個廃炉にするだけでこんなとんでもないことになるものが何十個もあるって恐ろしすぎる・・・・
posted by ぺん獣 at 11:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

柳ジョージ 追悼番組 酔って候 完全版

2011年に63歳で亡くなった歌手柳ジョージの追悼番組「柳ジョージ 追悼番組 酔って候 完全版」ネットで上がってたのを見た。
久々に聞いたけどやっぱりいいな、かっこいい。
音楽には疎い方でライブに行ったりとかまったくないくらいだけど柳ジョージだけは行きたかった、行っといたらよかった。ちょっと悔やまれる。
18、、9才の頃とび職のバイトをしてた時の先輩から薦められて聞いたのが最初。それからずっと聞いてて今アイポッドの中でも一番曲数が多いと思う。
どの歌聴いてもだいたい、いい。
同年代で聴いてるって人にはほとんどあったことなく、多分自分(43)より5〜10歳以上年上の人に好きな人が多いかな。周りでは鈴木先生くらいかな?
63歳って早いよなー。

最後のトリック (河出文庫) -
最後のトリック (河出文庫) -
ラストに驚愕!犯人はこの本の≪読者全員≫!謎の男が「命と引き換えにしても惜しくない」と訴えるミステリー界究極のトリックとは?
こんなあおり文句を書かれたら読まずにはいられなかったのが「最後のトリック」

ちょっと、かなり強引なオチだったけどこの題材に挑んだことがすごいのかも。衝撃度は「ふ〜ん、なるほどなぁ」くらいだった・・・・・
posted by ぺん獣 at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする