2017年03月16日

夢枕獏剣豪小説「ヤマンタカ 大菩薩峠血風録」

ヤマンタカ 大菩薩峠血風録 -
ヤマンタカ 大菩薩峠血風録 -
夢枕獏の剣豪小説「ヤマンタカ 大菩薩峠血風録」完読。、結構厚いのでちょっと時間かかったけど面白いから問題なし。
「餓狼伝」のような素手での戦いでなく剣の勝負だから命懸け度がやっぱり違ってまた違う面白さがあった。
多分、今後映画化OR漫画化されるんだろうな。
続編もあったら読んでみたいけどそれよりも先に「餓狼伝」。
あとがきでよくもう終わるみたいなこと書いてたのが、死ぬまでに書き終わるのか?となってきて最近では物語途中で作者が死ぬのが本懐じゃないか、と開き直ってきてるとこが逆に面白かったりもするけど。
メタルサイコロ 5個セット 専用ケース付き -
メタルサイコロ 5個セット 専用ケース付き -
なんの目的もなく、ただかっこよさげだし安いからアマゾンで購入したメタルサイコロ5個セット。
届いてみたら思いのほかよかったりする。
何かに使ってみたくなってきたのでちょっとサイコロを使ったマジックを勉強してみる予定
posted by ぺん獣 at 10:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

プロレス小説「太陽がいっぱい」

太陽がいっぱい -
太陽がいっぱい -
樋口毅宏の引退小説「太陽がいっぱい」読んだ。

猪木、前田、高田、佐山、馬場等実在のプロレスラーの名前をちょっと変えて、それぞれの物語を描いた小説。
前半はプロレスがちょっと好きな人たちなら知ってるようなエピソードが多かったけど、後半は創作か実話かよくわからなくなってきて樋口毅宏節のエログロ演出が混じり始めた。けど今までの樋口作品のようなえげつなさをちょっと遠慮した感じだったのでどうせなら最初からムッチャクチャな方向性で行って欲しかったかも。
この小説で引退と言ってるのは何度も復帰するプロレスラーの引退を真似ているのだと思う。
しかし、モデルにされた人が読んだら怒るような書き方もちらほらあったな・・・・
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 7 -
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 7 -
ストリート・ファイターズ [DVD] -
ストリート・ファイターズ [DVD] -
あまり知られてないけど結構すごいアクション俳優スコット・アドキンス主演の「ストリート・ファイターズ 」
アドキンス作品ってまあまあいいの多いけどこれはアクションも話もちょっときつかった・・・・アドキンス好きな人でもちょっときついと思う・・・
posted by ぺん獣 at 09:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

リチャード・マシスン 「縮みゆく男」

縮みゆく男 (扶桑社BOOKSミステリー) -
縮みゆく男 (扶桑社BOOKSミステリー) -
天才小説家リチャード・マシスン代表作の一つ「縮みゆく男」読んだ。
だいぶ前に読んだけどマシスンが2013年に亡くなった後に発売された新訳版を購入して読む。
1日に数ミリずつ体が縮んでいく男の話。
これは・・・怖い&深い内容。
小さくなっていくたびにいろんなものから襲われる主人公。猫、スズメ、蜘蛛等。食い物や水の確保も大変。

最終的には「生きるとは?」まで考えさせられる物語。読んどかなあかんでしょ。
実写版映画もぜひ見てみたい。
posted by ぺん獣 at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする