2015年09月19日

名作は何回読んでもいい「蛍川・泥の河」

蛍川・泥の河 (新潮文庫) -
蛍川・泥の河 (新潮文庫) -
折に触れて読みたくなる小説のひとつ、「蛍川・泥の河」読み返す。
名作は何度読んでもいい。2作とも最高。
暗い話でなんともやるせなく、切ない気持ちになるけどそれがまたいいというか。たしか映画版もDVDに落としてたはずなんだけど見つからない。
作者はもちろん、違いのわかる男―宮本輝!



ラベル:宮本輝
posted by ぺん獣 at 01:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

久々の昼柔術 /「異邦の騎士」島田荘司

昨日は1ヶ月以上ぶりにパラエストラ東京の昼柔術へ練習に。
腰痛明けなんで軽めに、とはいえ強い人間ばっかりなんでヘトヘトになった。
中井さんも腰痛だということでスパーには参加してなかったけど、その分元気が有り余っていつも以上に中井節全開だった。
スパーしてる人の間に立ってひたすらシャドーしながら「明日休みの人は死ぬまでやってくださーい!ははは!!」めっちゃ元気。
異邦の騎士 改訂完全版 -
異邦の騎士 改訂完全版 -
すげえ感動して泣く、と聞いて読んだ「異邦の騎士 改訂完全版」
正直推理ミステリーで泣くかな?と思いつつ読んでたらラスト近くきっちり感動。島田荘司作品初めて読んだけど他のも読んでみたくなった。
TATSUMI -
TATSUMI -
ラベル:島田荘司
posted by ぺん獣 at 10:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

「第2図書係補佐」からの「リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国」

外は雨。今から出かけるけど小降りになってきてるからいちかばちかバイクで行くかどうか、迷いまくり!
第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫) -
第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫) -
又吉が自分の好きな本をオススメする「第2図書係補佐」
前に読んだけどもう1回読む。
ただ本の内容を紹介するのではなく、エッセイ風な文章の後最後にその本とつなげるというやり方で書いている。ひとつひとつが短編のようでその上手さに感心する。こういうところで鍛えられての芥川賞「火花」なんだなと思った。50作近く紹介されてるけどどれも読みたくなってくるし紹介本としても最高。
リンダリンダラバーソール (新潮文庫) -
リンダリンダラバーソール (新潮文庫) - リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国 (ダ・ヴィンチ・ブックス) -
リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国 (ダ・ヴィンチ・ブックス) -
で、上記の本読んで最初に手にしたのがバンドブームの流行り廃りを描いた自伝的小説、大槻 ケンヂの「リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国」
バンドとかあまり興味のなかった自分が読んでも青春小説として十分に面白かった。

同じ題材の「アイデン&ティティ」も読み返したくなった。
アイデン & ティティ [DVD] -
アイデン & ティティ [DVD] - アイデン&ティティ―24歳/27歳 (角川文庫) -
アイデン&ティティ―24歳/27歳 (角川文庫) - アイデン&ティティ32―アイデン&ティティ 第3部 -
アイデン&ティティ32―アイデン&ティティ 第3部 -
posted by ぺん獣 at 10:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする