2017年04月08日

パパラッチ映画「スクープ」(2016)/「キャプテン・フィリップス」(2013)

SCOOP!  豪華版Blu-ray/DVDコンボ -
SCOOP! 豪華版Blu-ray/DVDコンボ - SCOOP!  通常版Blu-ray -
SCOOP! 通常版Blu-ray -
大根仁監督、福山雅治主演のパパラッチ映画「スクープ」(2016)見た。
福山雅治が風俗好きの中年パパラッチを演じる。もともとかっこいい福山をかっこよく撮ってるので福山ファンなら悶絶必至。そらモテるわ、しゃあない。
そんな中年オヤジが若い新米記者(にかいどーふみ)とコンビを組んでいくうちに出来上がっていったりもするおっさんの願望満載映画でもある。うらやましすぎる展開に。
リリ・フランキー演じるチャラ源のキャラと最後の展開だけは不自然で乗れなかった。

あと、個人的に一番反応したのは松田優作のドラマ「探偵物語」最終回の名場面をオマージュしたシーン!ここはよかった。よくぞ使ってくれた、と感動。あのカッコよすぎる最終回、何回みたかわからんくらいだけどまた見たくなってきた。松田優作の死ぬシーンはいっぱいあって多分「なんじゃあこりゃあ〜」が一番有名だけど間違いなく「探偵物語」のが一番かっこいい!

キャプテン・フィリップス [DVD] -
キャプテン・フィリップス [DVD] -
2009年にソマリア沖で実際に起きた海賊の船乗っ取り&人質事件を映画化した「キャプテン・フィリップス」(2013)
結果を知って見てもそれなりに緊迫した雰囲気を感じる映画。
映画っでは細かく説明されないソマリアの海賊サイドの事情を知らずに見たら全然違う印象になってたと思う。そしてシールズの狙撃力がすごい。

posted by ぺん獣 at 09:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

昼柔術 /「西新宿の親父の唄」 府中美術館 歌川国芳展

昨日は久々に昼柔術へ。1ヶ月以上ぶりかな?
そして久々に行くとやっぱり調子がいい(気がする)

中井さんに素朴な質問。「中井さんって休みとかあるんですか?」
「ないですね」即答
さすが!

先日、府中美術館に行った帰りにたまたま寄った喫茶店のマスターが結構おしゃべりだった。
60歳の時脳梗塞て倒れてからまた61歳で新たに店を出したストーリーを聞く。
「やるなら今しかねえ」と長渕の「西新宿の親父の唄」的な感じに。
ちょっとお姉っぽい(65歳。独身)マスターだったけど・・・・
posted by ぺん獣 at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

府中美術館 歌川国芳展 府中美術館 歌川国芳展

府中の美術館で浮世絵師歌川国芳展がやってると知って昨日行ってきた。

歌川国芳を知ったのはドラマ「リバースエッジ探偵事務所」の事務所の壁に飾られてた絵がかっこよかったので調べたとき。同じ絵が同監督の映画内にも出てたけど好きなんだろうな。
その絵のデザインの財布も持ってた(買って半年位でトイレに落としてしまう)

結構インパクトのある絵を描くので期待して見に行ったけどさほどでもなかったりする・・・
まず館内がやたら暗い上絵が小さいのですごい見づらかった。何よりも絵のセレクトがイマイチだった感もぬぐえない。前期と後期に分かれて絵を展示するらしいけど後期も見に行こうとは思えず、残念。美術館なんか行くこと滅多にないのに。


鬼平~その男、長谷川平蔵~ [DVD] -
鬼平~その男、長谷川平蔵~ [DVD] -
下の時代劇ドラマは見たことがないけどアニメ「鬼平~その男、長谷川平蔵~」は全話見た。
最初はどうかなと思ったけど1話完結の、ちょっと大人なストーリーが結構よくって普通に面白かった。
posted by ぺん獣 at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

「マンガをはみ出した男 赤塚不二夫」

マンガをはみだした男 赤塚不二夫 [DVD] -
マンガをはみだした男 赤塚不二夫 [DVD] -
自分の作品よりも漫画家本人の方がぶっ飛んでるかもしれないという唯一無二の漫画家・赤塚不二夫先生。
今までいくつもの自伝ドラマやドキュメントが作られたけど去年上映された「マンガをはみ出した男 赤塚不二夫』」(2016)見た。
当時の映像や先生本人の肉声、関係者のインタビューを集めたドキュメント。特別「これは知らなかった!」的なことがあるってわけじゃないけどトキワ荘ものが好きな人なら普通に楽しめるかと。
posted by ぺん獣 at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満勉 ながやす巧先生回

壬生義士伝 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -
壬生義士伝 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) - 愛と誠1~最新巻(文庫版)(講談社漫画文庫) [マーケットプレイス コミックセット] -
愛と誠1~最新巻(文庫版)(講談社漫画文庫) [マーケットプレイス コミックセット] - Dr.クマひげ 1~最新巻(プラチナコミックス) [マーケットプレイス コミックセット] [−] ながやす 巧 -
Dr.クマひげ 1~最新巻(プラチナコミックス) [マーケットプレイス コミックセット] [−] ながやす 巧 -
漫画家の仕事現場を紹介する最高番組「満勉」シーズン4を一気に見た。
この番組、ファン目線で見るとめちゃくちゃ面白いけど、漫画描いてる目線で見るといろいろ考えさせられてブルーになったりもする・・・
そしてシーズン4の最後に出てきたのはリビングレジェンド漫画家の一人、なかやす巧先生!
もちろん子供の頃からずっと読んでます。
画力、ストーリーともに最高レベルの作品だらけ。
語ればきりがないけどとりあえず「愛と誠」と「Drクマひげ」は絶対おさえとかなだめかと。

テレビ出るのは初めてというながやす先生、そういえば写真すら見たことなかった。
想像以上の職人にして達人漫画家だった。
とにかく完璧主義者らしくアシスタントを使わず全部ひとりでやってるって。まじ?あの作画レベルで背景から小物から全部一人って信じられない・・・・
まず作品の設定に2年くらい、ストーリーに1年かけるって・・・・大作映画並、しかも一人で・・・・・
起きてる時間のほぼ漫画のために使ってるみたい。
「全然もうからないけど好きなことやれてる今が一番楽しい」と。

やばい、頭下がりまくり。
ながやす作品のファンでよかった。
襟を正して読み返したいし、未読の作品も全部読みます。


日曜日の筋肉痛がまだおさまらない・・・
タグ:ながやす巧
posted by ぺん獣 at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

すずきどーじょーれんしゅう

今日は鈴木道場にて午前中練習。
首相撲、ミット、内回し、外回し蹴りの練習、パンチスパー、キックスパー、プチ総合スパー、グラップリングやったあとさらに腹の上で人に飛んでもらう腹筋まで行うてんこ盛りな練習。

なんかここ最近、日曜の練習強度が上がってきてる気がする・・・・
深夜になった今でも体が重く、猛烈な睡魔が襲ってきてる。

こんな時は寝ます!
posted by ぺん獣 at 01:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会

昨日やってた平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会見た。

柔道はそこまで追っかけて見てるわけじゃなくたまたまやってるの気づいたら見るくらい。だから阿部一二三選手とか名前しか知らなくて初めて試合見た。
つよ!
立ち技が下手なんでうまい投げ技とか見たらほれぼれする。あんなに投げれたら気持ちいいやろうなー。
今まで試合でも投げ技で1本とったことって1回くらいしかないかな?白帯の時、奇跡の体落としが決まった。
ちなみに投げられての1本負けは腐る程ある。

60キロ級の藤 直寿選手は独特の戦いするので試合がいつも面白い。今回は決勝で負けてた。

柔道、面白いな。

タグ:柔道
posted by ぺん獣 at 08:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

「破裏拳ポリマー」「無限の住人」「鋼鉄ジーグ」

予告編だけ見ると面白そうに思えるこれから公開の「破裏拳ポリマー」「無限の住人」

元はアニメのタツノコ50周年作品実写版「破裏拳ポリマー」と漫画が原作の「無限の住人」
どっちも一応見てたな。
タツノコアニメの実写といえば「ヤッターマン」とか「ガッチャマン」「キャシャーン」とか失敗が多いので見るのがちょっと怖い。
「無限の住人」は何巻まで読んだか忘れたけど途中までしか読んでなくてそのうち読もうと思ったままだった。ついでだから映画見る前に読んどこう。
時代劇漫画の最強実写映画といえば「るろうに剣心」があるから実写化はかなりハードルが高いと思う。
それでも、もしかしたら傑作なんかもしれないという気もしなくもない。これも見るのちょっと怖い・・・

ついでにこれも見たいな。

結局鋼鉄ジーグが関係あるんかないんかよくわからん。
鋼鉄の肉体ってとこだけの意味なんかな?
posted by ぺん獣 at 11:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする