2018年06月13日

昼柔術/最近の午後のロードショー

ここ2,3日体調が思わしくなく、軽い偏頭痛と体のだるさでロキソニンやプロポリスで誤魔化してた。
昨日の夜もちゃんと睡眠とったのに起きたらクソだるくて昼柔術行くか迷うくらいだった。けど今日行かなかったらまた日曜まで練習できないので辛かったらすぐ帰ろうと自分に言い聞かし、がんばって行った。
が、やってるうちにしんどいのがかなり薄れていくのがわかった。当然体は疲れるけど、昨日までのだるさとは明らかに違う。
ちょっとしんどいくらいの時は練習行ったらおさまるってこと何度もあったけど今回は特にそれを感じた。
柔術療法最高。
X-ミッション [Blu-ray]
X-ミッション [Blu-ray]ロング・キス・グッドナイト [DVD]
ロング・キス・グッドナイト [DVD]イレイザー [DVD]
イレイザー [DVD]
最近見た午後のロードショーが結構面白かった。特に「イレイザー」(1996)、「ロングキス・グッドナイト」(1996)「、「Xミッション」(2015)
シュワちゃんの「イレイザー」は前に何度か見てるけどあらためて面白かった。この時50歳か・・・・全然若くて体もまだまだバキバキ。
「Xミッション」はスカイダイビングやロッククライミング、モトクロス等のエクストリームスポーツがバンバン出てくる映画。もうどこまでCGなのか全然わからないな。話が無駄に暗かったのでどうせならもっと明るいアホっぽいかんじでやってよかったのかも。
posted by ぺん獣 at 20:08| 東京 ☁| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

駿河城御前試合

駿河城御前試合 (徳間文庫)
駿河城御前試合 (徳間文庫)

劇画「駿河城御前試合」読み返す。

もとの原作は南條範夫先生の小説。
かなり昔に平田先生・とみ先生兄弟がそれぞれ「駿河城御前試合」「無明逆流れ」と漫画化しており、さらに「シグルイ」としてさらにリメイクされて有名になった。そしてさらに森秀樹先生が「腕 -駿河城御前試合-」として再々リメイク。同じ原作をこんな感じで複数漫画化されてる珍しいパターンかと。

ただでさえ原作が面白いのにその上に時代漫画の達人漫画家たちが腕を振るって描いてるのでどれも最高レベルの出来栄えになってるという。

歴史モノが苦手とか言ってないでただ、読めばいい。

もちろん全部もってるけどきょうたまたまブックオフで森秀樹版のを見かけて即購入&堪能。
続けて全巻読み返したい!
駿河城御前試合
駿河城御前試合腕~駿河城御前試合~ コミック 1-4巻セット (SPコミックス)
腕~駿河城御前試合~ コミック 1-4巻セット (SPコミックス)〜駿河城御前試合第一試合〜 無明逆流れ  とみ新蔵作品第2集
〜駿河城御前試合第一試合〜 無明逆流れ  とみ新蔵作品第2集
posted by ぺん獣 at 19:37| 東京 ☁| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

沖さやか「マイナス」全5巻

マイナス (1-5巻セット 全巻)
マイナス (1-5巻セット 全巻)
先日来店してくれた漫画家山崎さやか先生。昔ヤンサンでやってた「マイナス」って漫画が回収騒ぎになった話を聞いて即アマゾンで注文。全5巻届いて一気に読んだ。しかし、読後ネットでちゃんと調べたら回収騒ぎのあった回は最初の単行本には収録されてないことを知る。
入ってるのはあとで出た完全版のみだった。。。。
あいかわらず詰めが甘いな、俺。
あ、漫画自体はその回がなくても面白かったです。

漫画好きを名乗りながら女性漫画家作品はほとんど通ってきてないのでこうやっておもろいのも取りこぼしてきてるんだな。

マイナス 完全版(2) (ビームコミックス)
マイナス 完全版(2) (ビームコミックス)




普段あまり見ないっぽいドキュメンタリーで「地球ドラマチック 中国 紫禁城の秘密」見たら意外に面白かった。

まず紫禁城のでかさがすげえ。
そして地震等に備えて作られた建築メカニズムの細やかさにもびびる。昔の人ってどえらいなー、とうならずにはいられない。

posted by ぺん獣 at 20:58| 東京 ☔| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クインテッド/「アサシンクリード」「ドラキュラZERO」

今回のクインテッドも面白くていろんな人が感想書いてるので特別書く事もないけどやっぱり矢野さんにつきるかと。
旧鈴木道場、アンプラグドと矢野クラスに結構出ててよく練習してもらったしつい最近港さんの葬儀で久々顔合わしたばかりなのでよけいに。
矢野さんが強いのはよく知ってたけどさすがにあのチームの選手だと怪我とか心配だなーと思いながら観戦。バテ具合ももはや名人芸的!抜き試合とかじゃなくて短い時間のワンマッチとかでまたやってほしいなー。

アサシン クリード [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
アサシン クリード [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]ドラキュラZERO (字幕版)
ドラキュラZERO (字幕版)
アクション映画「アサシンクリード」「ドラキュラZERO」見た。
アサシンクリードはゲームが原作でたしかちょっとだけやった気がする。パルクールアクションが見所でたしかにそこそこかっこよかったけどもうちょっとすごいの見たかったかも・・・話はあまりよくわからなかった。
「ドラキュラZERO」はアクションヴァンパイア映画。オスマン帝国1万の兵にひとりで突っ込んでいく三國無双ならぬドラキュラ無双。あんだけ強かったらすぐ敵全滅できるんじゃないかな。けどそうはならないのが・・・映画!
この映画も設定や展開でよくわからないとこがあってモヤモヤ。

結局どっちの映画もアクションだけ面白かったかな。
posted by ぺん獣 at 14:02| 東京 ☔| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

懐かし映画「少林寺三十六房」(1978)

少林寺三十六房 [DVD]
少林寺三十六房 [DVD]
すごい久々、数十年ぶりに「少林寺三十六房」見る。

さすがに古い映画だから展開がかったるいのは仕方ない。
今リメイクしたらすごいのができる気がする・・・

オープニングの映像が一番かっこよかったかな。修行シーンはほとんど「SASUKE」を見てる感じ。まさにザ・修行!そしてその修行の成果が後の戦いで生かされる場面に燃える。
最後の戦いで使う武器の三節棍もしぶい。

自分の記憶では36房の最後の関門が熱されたでかい壺みたいなんを動かすってやつだったと思ってたけどそんなシーン一切なかった。ほかの映画と混ざってるな。。。

「少林寺」の映画にも当時そんなに反応しなかったのでうろ覚え。
漫画「鉄拳チンミ」はずっと読んでたけど。
鉄拳チンミ 全35巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]
鉄拳チンミ 全35巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]スーサイド・スクワッド [DVD]
スーサイド・スクワッド [DVD]
予告見て面白そうだと思ってた「スーサイド・スクワッド」も見たけどこれは思ってたのと全然違っててちゃんと見れなかった。。
posted by ぺん獣 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「QUINTET FIGHT NIGHT」IN SUBMIT


とうとう明日「QUINTET FIGHT NIGHT」であります。
普通の総合の大会よりよっぽど楽しみだったりするという。

明日の15時からAbemaTVで生放送でもちろんカフェ&バーサブミットでもプロジェクターで流して見る気マンマン。
しかし、明日は開店が早くても15時半、遅かったら16時前になるという・・・すんません!!できるだけ早く開けますのでもし来れる方いればぜひご一緒に。
posted by ぺん獣 at 17:57| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

最近見た映画&本

殺されたミンジュ [DVD]
殺されたミンジュ [DVD]
最近ハマってるキム・ギドク映画。
今回見たのは比較的最近の「殺されたミンジュ」(2016)

う〜ん、一言では言えない考えさせられる映画。やっぱりこの監督の映画は一味違う感じがする。
ただ、後で知ったけど一人8役はいらんのじゃないかな・・・・まぎらわしすぎる。韓国人の顔の区別、難し!って思いながら見てたよ。同じ役者だったのか・・・
あと、主役の役者が川田利明に見えてしかたなかった。


疾走 上・下巻セット (角川文庫) [文庫] by 重松 清 [文庫] by 重松 清 [文庫] by 重松 清 [文庫] by 重松 清 [文庫] by... [文庫] [Jan 01, 2005]
疾走 上・下巻セット (角川文庫) [文庫] by 重松 清 [文庫] by 重松 清 [文庫] by 重松 清 [文庫] by 重松 清 [文庫] by... [文庫] [Jan 01, 2005]
重松清の小説「疾走」上下巻。
暗い、そして重い小説。
どんよりした気分に。
映画化されてるそうだけどそっちはいいかな。。

ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper ヴォイド・シェイパ
ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper ヴォイド・シェイパ
最近読み始めた森博嗣の ヴォイド・シェイパシリーズ第2作「ブラッド・スクーパ」
1巻ほどじゃないけど普通に面白かったです。
posted by ぺん獣 at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

森博嗣「ヴォイド・シェイパ」

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)
ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)
人に勧められて読んだ本「ヴォイド・シェイパ」が思いのほか面白かった。作者の森博嗣って人も今まで知らなかった。

タイトルだけ見たら全く中身が想像つかず、そのまま読み始めたけどジャンル的には剣豪小説に当たるのかな?「バカボンド」みたいな感じといえば近いかも。
「強さとは」って部分だけ拾えば大好物の夢枕獏作品にも近い。
ただ、単純な強さだけじゃなく生きるとは?死ぬとは?等哲学的な、禅問答的な深い感じになってるとこが面白い。

そしてこれはシリーズ全5巻の1冊目と知る。
まじか?
さっそく続きを明日図書館に借りに行かんと。
手品 マジック ギャク 爆笑 オムニデック 透明なデック
手品 マジック ギャク 爆笑 オムニデック 透明なデック
posted by ぺん獣 at 21:16| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする