2017年05月01日

2017年04月30日

鈴木道場日曜練習

本日の鈴木道場練習は4人プラス体験の方の計5名で練習。

前半は首相撲からの打撃スパー、後半はグラップリング。体験の人もほぼ全部こなされて入会するそうです。
高校以来30年以上ぶりに寝技をしたそうだけどめっちゃパワフルだったんですぐ上達するかと。

清水さんから差し入れてもらったサプリとモンスターの濃いやつ(ビンの、カフェインおおいやつ)飲んだからか練習終わっても体がピリピリしてます。。。。

縫い付け注文してた仁木先生パッチを付けた道着ズボン3着分取りに行ってきた。
古流柔道祭に向けてさらに準備万端。
仁木パッチ.jpg
posted by ぺん獣 at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

超絶カードマジック「モダン・イントリカシーズ」


今回購入したマジックDVDはフランス人カーディシャン、ヨアンによる新感覚の「マジカルフラリッシュ」ルーティン「モダン・イントリカシーズ」
カーディシャンにしてフラリッシャーでもあるみたいでその見せ技はすばらしい。
ダブルリフト、パーム、ドリブル、エルムズレイカウント等マジックの基本技を駆使して構成されたそのパフォーマンスははっきりいって難しい。
今の自分のレベルではかなりの練習が必要な技ばかりだった。
それでも唯一、今まで上手くできなかったトランプの束をまるごと引っくり返すデック・フリップという基本ワザのコツがこのDVD見て理解できた。
最近メンタリズムにはまってたのでカードマジックはおろそかになってたけどやっぱカードもいいなと再認識。
格闘技と同等かそれ以上に幅が広すぎる。
いくら勉強してもおっつかない。
ヒストリー・オブ・バイオレンス -
ヒストリー・オブ・バイオレンス -
深夜のKー1番組で久しぶりにブランコ・シカティック見たけど、さすがに年取ってたな〜。ジャーメイズ・マインド第3巻 [DVD] -
ジャーメイズ・マインド第3巻 [DVD] -
posted by ぺん獣 at 10:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック 手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

メンタリスト ルーク・ジャーメイに戦慄

ジャーメイズ・マインド第1巻 [DVD] -
ジャーメイズ・マインド第1巻 [DVD] -
最強メンタリストの一人と言われるルーク・ジャーメイ。
いくつかDVDを見ただけだけどたしかにすごい。
メンタリズムのショーとその解説を聞くとその下調べ、用意周到さ、練りこまれた話術に驚愕。そして真骨頂は直感&アドリブで相手の心をマインドリーディングするテクニック!そこにはなんの仕掛けもない。言ってることのレベルが高いからある程度知識がないとピンと来ない部分も結構あるかも。多分今後何回も見直すことになると思う。
優れたメンタリストはマジシャンでもあり、催眠術師でもあり、時には占い師、サイキッカー、心理学者でもある。
レベルは全く違うけど自分もマジックから派生してメンタリズム、占い、催眠・暗示等に流れていってるけどやっぱりそうなるよなと痛感。この道で間違ってなかった。
メンタリズムの書籍やDVDは日本語のものはたぶんそんなにいっぱいないのは逆によかったかも。海外のは多分山ほどありそうで、もし英語が理解できたら絶対欲しくなるしそんなの全部網羅しようと思ったら大変なことになりそうだし。
とにかく、面白すぎる。

posted by ぺん獣 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック 手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

どハードボイルド映画「シン・シティ」2作

シン・シティ [Blu-ray] -
シン・シティ [Blu-ray] - シン・シティ 復讐の女神 スペシャル・プライス [Blu-ray] -
シン・シティ 復讐の女神 スペシャル・プライス [Blu-ray] - シン・シティ1 -
シン・シティ1 -
フランク・ミラーのコミックが原作のどハードボイルド映画「シン・シティ」(2005)
もう何回も見てる大好きな映画の一つ。基本白黒のしぶい画面に時々カラーがつくとこがいい。4つくらいの短編で構成されてて女のために命をかける男の話。
ミッキー・ロークとブルース・ウィリスがド渋な役を演じてて、ヒロインの一人ジェシカ・アルパが最強に可愛い。
かっこいい映画。
10年後に作られた「シン・シティ 復讐の女神 」(2014)を見るのは初めて。前作の前日譚や続きの短編が見られて満足。
ただ、ミッキー・ロークが最強過ぎるのと、ジェシカ・アルパの魅力が下がってた。
それでも十分かっこいい続編。
続々編出たら見たい。
posted by ぺん獣 at 15:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

韓国囲碁アクション映画「神の一手」(2014)

神の一手 [Blu-ray] -
神の一手 [Blu-ray] -
韓国の囲碁アクション映画「神の一手」(2014)見た。
囲碁とアクションという組み合わせを強引な力技で映画化した作品。よくわからなかったり、無理やりな展開だけどキャラがたった人物が多いのでなぜか引き込まれていってしまう。
囲碁とか全くわからなくても問題なし。
女棋士役の女優イ・シヨンがやたらと可愛いのもいい。ボクシングやってたそうな。見えん。
主役のチョン・ウソンは見た目も役柄も、マッチョボディも含めて西島秀俊似。
posted by ぺん獣 at 09:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

「ドライブ」「トニー滝谷」

ドライヴ [DVD] -
ドライヴ [DVD] -
レフン監督の出世作「ドライブ」(2011)
前に見たけど今度は吹き替えで見た。やっぱおもしれえ。
昼間は修理工&カースタントマン、夜は逃がし屋の顔を持つ主人公を演じるのがライアン・ゴズリング。かっこええ役しとるわ。かっこいいやつは無口でも、モテる!ヒロインの人妻もクラっときてもしゃあない。さらに戦闘能力も高い!女が引くくらい。
昔から無口に憧れるけどまったくできない、つい喋ってしまう。喋りすぎなほどに。


トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD] -
トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD] - トニー滝谷 - 坂本龍一
トニー滝谷 - 坂本龍一
村上春樹の短編を映画化した「トニー滝谷」(2005)
孤独な男・トニー滝谷の孤独な人生を描いた短編映画。6、7年前に見たときは退屈な感想を持った自分ですが今回じっくり見直してみたらグイグイきまくりだったのが驚き。当時は今以上に目が節穴だったのかな?
主役のトニー滝谷の孤独がメインに描かれてるけど、妻の方も負けないくらい孤独だった。そんな二人だから結婚したのかもしれない。というような柄にもない感想まで血迷って書いてしまうほどしみじみときた作品。
宮沢りえも絶好調にかわいい。
静かに、一人で鑑賞したい映画。ちょっと泣いた、ちょっとだけ。
(エイト) 8(eight)4color マウンテンパーカー ナイロン ジャケット アウター L ブラック×ブラック -
(エイト) 8(eight)4color マウンテンパーカー ナイロン ジャケット アウター L ブラック×ブラック - ジャーメイズ・マインド第1巻 [DVD] -
ジャーメイズ・マインド第1巻 [DVD] - (カリホリ)Cali Holi ナイロンジャケット メンズ ナイロンパーカー 大きいサイズ 秋 冬 0122 (XL, レッドxブルー) [並行輸入品] -
(カリホリ)Cali Holi ナイロンジャケット メンズ ナイロンパーカー 大きいサイズ 秋 冬 0122 (XL, レッドxブルー) [並行輸入品] - (カリホリ)Cali Holi ジャケット メンズ ナイロン 春 夏 大きいサイズ おしゃれ ナイロンジャケット マウンテンパーカー(M ブルーxブルー) -
(カリホリ)Cali Holi ジャケット メンズ ナイロン 春 夏 大きいサイズ おしゃれ ナイロンジャケット マウンテンパーカー(M ブルーxブルー) -
posted by ぺん獣 at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマレス映画「フォックスキャッチャー」(2014)

フォックスキャッチャー [Blu-ray] -
フォックスキャッチャー [Blu-ray] - フォックスキャッチャー Tシャツ付Blu-ray BOX(初回限定生産) -
フォックスキャッチャー Tシャツ付Blu-ray BOX(初回限定生産) -
金持ちのおっさんが自分のアマレスチームのコーチを射殺した実際にあった事件を映画化した「フォックスキャッチャー」見た。
この映画はなんといってもレスリングの練習や試合のシーンが結構入ってるのがポイント。
レスリングじゃなくても組み技やってる人間が見たら興味深いけど、全然そういうのやらない人が見たらどうなんだろ、と思う場面が思った以上にある。俳優たちはそこそこ練習したんだろうなと思わせるほど違和感がない。主演のチャンング・テイタムの耳もちゃんとギョーザ化してたし。
話自体は全体的にどんよりとして重たい。

そういえば映画やドラマの格闘シーンについて、最近日本の作品でもちゃんと描写してることが多くなってきてるように感じる。
今テレビドラマでやってるガードマンのやつとか小栗旬とか出てる公安のやつとか、技がリアル風にかっこよく演出されてる。ああいうのもっとやってほしい。
posted by ぺん獣 at 10:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする