2018年04月12日

グラップリング団体勝ち抜き大会「QUINTET(クインテット).1」


グラップリング団体勝ち抜きトーナメント大会「QUINTET(クインテット).1」
昨日、4月11日に両国で開催。会場には行けなかったけど店のプロジェクターでアメマTV生中継を観戦。

組み技のみの試合において怖いのは勝負に徹してしまい膠着が生まれること。
ある程度攻防分かってる人間が見ても退屈なのに詳しくない人が見たら「つまらない」と思われてしまうことも十分あり得る。
今回の設定は1チーム5人で全4チームの勝ち抜きトーナメント大会。

まだ見てない人がいるかもだから内容は書かないけどどの試合も動きがあってほぼ膠着はなく、見ててほんとに面白かった。
勝ち抜き戦ならではの緊張感も出てたし。

このトーナメントにプラスしてワンマッチの道着ルール、タッグ、女子の試合なんかあってもいいと思うし。

グラップリングだと打撃ありに比べて比較的ケガやダメージも少なそうでいい。
ただ、年齢が多少いってても全然やれるんじゃないかと思ってたらやっぱり組み技系トップ選手が相手だとなかなか厳しいということもよくわかった。

今後もぜひ続いていって欲しい大会。
posted by ぺん獣 at 02:13| 東京 ☁| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

ゾンビのドラマと映画

高慢と偏見とゾンビ [Blu-ray] -
高慢と偏見とゾンビ [Blu-ray] - Zネーション〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray] -
Zネーション〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray] - シグナル [DVD] -
シグナル [DVD] -
「ウォーキング・デッド」じゃないほうのゾンビものドラマ「Zネーション」、セカンドシーズンに突入しました。
世界はゾンビだけじゃなく核爆弾が投下されて放射能の汚染まで加わって絶望感倍増。
さらにちょっとパワーアップした、ジョジョ風に言うと「新手のゾンビ」まで出現し始めるし。
正直すげえ気になるってほどでもないけど見始めたからには見ようかという惰性もなくもないという。毎回いろんなテイストがぶち込まれてるので(例えばシーズン2の1,2話は「マッドマックス怒りのデスロード風)とりあえずもうちょっと見る。

そして名作文学「高慢と偏見」にゾンビ要素をプラスした「高慢と偏見とゾンビ」(2016)
結構前に小説読んだはずだけど内容全く忘れてる。
これは意外に面白かった。
ゾンビってなんにでも合うんだな。すばらしい。

もう1作見たのはゾンビじゃなくてSFものの「シグナル」(2015)って映画。
これは途中からさいごよくわからないままグダグダと終わる悪い予感がしてきてまあまあ当たるという・・・
それでも主人公二人が覚醒する場面だけは最高。
そのテイストの映画だったらめちゃくちゃ面白かったかもしれないのがもったいない。
海外ドラマの第1話見たいな終わり方だった。

posted by ぺん獣 at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和製オーメン風ドラマ「可愛い悪魔」

可愛い悪魔 [DVD] -
可愛い悪魔 [DVD] -
歴代火曜サスペンス劇場のなかでも傑作と呼ばれる「かわいい悪魔」(1982)
監督は巨匠・大林宣彦。
前から見たかったんだけどようやく見ることができた。
子供の無邪気な残酷性を描いてて見た目の可愛い8歳の女の子が超凶悪だったという話。
さすがに古いドラマだからしょっぱい場面もいっぱいあってさすがに怖くはなかった。それでもところどころに不気味な演出が光るのは大林宣彦だからこそなのかな。
特にラスト、普通だと後味が悪くなりそうな終わり方なところをそう見せない演出がすばらしかった。


子供が怖い映画と言ってパッと思い出すのは洋画だけど「オーメン」とか「エスター」
特に「エスター」は怖かった。


エスター [Blu-ray] -
エスター [Blu-ray] -
posted by ぺん獣 at 13:05| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

いましろたかし先生漫画

永遠のケツ (ビームコミックス) -
永遠のケツ (ビームコミックス) - ぼけまん (ビームコミックス) -
ぼけまん (ビームコミックス) - オールラウンダー廻(16) (イブニングコミックス) -
オールラウンダー廻(16) (イブニングコミックス) - オールラウンダー廻(17) (イブニングKC) -
オールラウンダー廻(17) (イブニングKC) -
昔から大好きなマンガ家のひとり・いましろたかし先生。
一般的にはそう有名じゃないかもしれないけど漫画好きならだいたい知ってるかと。
今回は短編集の「ぼけまん」と立ち食いソバ屋店長が主人公の「永遠のケツ」を購入&一気読み。
いやーほんま面白い!
内容・絵ともに最高。ソバ屋店長のキャラとかもうたまらん。
少しづつでもいいので描き続けて、本を出して欲しい。

そして「オールラウンダー廻」の16,17巻も読む。
あっという間にあと2巻で終了か・・・でも早く続きが読みたい。主人公とライバル、どっちが勝つの??
posted by ぺん獣 at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ケンカ術の科学 データと数式が示す不敗の構造」

ケンカ術の科学 データと数式が示す不敗の構造 (BUDO‐RA BOOKS) -
ケンカ術の科学 データと数式が示す不敗の構造 (BUDO‐RA BOOKS) - 喧嘩商売(13) (ヤンマガKCスペシャル) -
喧嘩商売(13) (ヤンマガKCスペシャル) -
喧嘩芸骨法の堀部師範亡き後喧嘩に関しての先生はこの林先生になるんじゃないんでしょうか?
今までちゃんと知らなかったけどこの「ケンカ術の科学 データと数式が示す不敗の構造」を読んでその半生と喧嘩術の内容を多少知った。
喧嘩術に関しては試合とかないからなかなか検証するのは難しいと思うけど、少なくとも骨法の一子相伝云々の話よりかははるかにリアイティがあるように思えた。
なにより大事なのは読み物としてめちゃくちゃ面白い点かと。
喧嘩の師匠たちの豪快なエピソードがいちいち最高で一気に読み終えた。

気になったのは喧嘩のテクニックで後頭部を壁や床、電柱にぶち当てるやつ。後頭部を強打させた場合って結構な重症にならないもんなんだろうか?数回だけじゃなく数十回もそうやって倒してたらすごい怪我を負わすことも全然ありえそうで・・・最悪死ぬんじゃないのかな?
後頭部を強打させて倒したあと相手がどうなったかがすごい気になったのだった・・
なんにせよ怖すぎる世界。

最近漫画「喧嘩商売」も読んでるので興味深く読めました。
posted by ぺん獣 at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

日曜練習/「QUINTET.1」放映の日

今日は11時から鈴木道場にて全5名で組み技練習。

ちょっと前に日曜練習で一瞬流行ったサーキット。原田さんがスタミナつけたいからまたやりたいと言ったので再開。結構しんどいからこういうのは誰かが言い出さないとなかなかやれない。
当分やる予定です。
今日のスパー中久しぶりに下からの十字絞めがはいった。フルパワー出し続けたんで腕がプルプルに。
怪我が危険なんで全力で極めにいける技って少ない中、絞め技は腕十字や足関に比べて比較的全力出しやすい。たまには思いっきり極めるのも大事なんじゃないかな。
もちろん相手を見て、の話。今日の場合相手の清水さんは丈夫だし逆にきつい突っ込み絞めで攻められまくってるからおあいこ!

今週11日の水曜日にあるグラップリングの大会「QUINTET.1」
ちょっと気になってたけど当日 18:30 〜 22:00 AbemaTVにて独占無料生中継だそうな。やったぜ。
当然店のプロジェクターにつなげて見るので見たい人はぜひサブミットへどーぞ。

グラップリングの大会って一般の人にどんだけ受けいれられるんだろうかも気になるところ。
動きのある面白い試合じゃないとなかなか見る方の集中力が続かなそうな気がする。
成功して欲しい。


posted by ぺん獣 at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) |  格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

こわーい映画「ノック・ノック」(2015)

ノック・ノック [Blu-ray] -
ノック・ノック [Blu-ray] -
そこいらのホラーより全然怖い映画「ノックノック」(2015)
まったく知らなかったしコメディなんかな、くらいに思ってみたらとんでもない内容だったという・・

大雨の日に道に迷った若い女二人を家に入れたら逆レイプみたいになってしまった。
それが棚ぼたどころか超悪夢の始まりだった・・・
悲惨な目にあいまくるカッコ悪い主人公をキアヌ・リーブスが演じる。

とにかく誘惑してくるギャルの言動や格好がどエロい。
イーライ・ロス監督はわかっている。
このハニートラップにかからずにいれる男がいるんだろうか・・・・

これ、多分女の人が見たらこの主人公の自業自得だって思うだろうな。
男が見たらあほやなと思いつつも気持ちが分かったり、なんならうらやましいなとかちらっと思ったりする。

カークランド オーガニック トルティーヤ チップス 1.13kg -
カークランド オーガニック トルティーヤ チップス 1.13kg -



posted by ぺん獣 at 20:39| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

必読!聴覚障害漫画「淋しいのはアンタだけじゃない」1巻

淋しいのはアンタだけじゃない 1 (ビッグコミックス) -
淋しいのはアンタだけじゃない 1 (ビッグコミックス) - FAKE ディレクターズ・カット版 [DVD] -
FAKE ディレクターズ・カット版 [DVD] -
タイトル聞いただけだと内容が全くわからなかった漫画「淋しいのはアンタだけじゃない」
たまたま1巻読んだら結構深重い漫画だったよ。

聴覚障害者を取材した内容。
読んで初めて聴覚障害ってどういうことなのか(少しは)わかった。こういうことって本人以外だと家族くらいじゃないと想像つかないということも痛感。障害者の笑顔の裏の意味のエピソードとか知っといたほうがいいかと。
この漫画は全員読んどかなあかんな。
格闘技漫画もいいけどこういうのもサブミット文庫に置いとこ。

少し前に見てよかったドキュメント映画「FAKE」の話も出てる。

posted by ぺん獣 at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする